スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラシアの効果について

「サラシア」のダイエット効果は、糖を分解する

酵素の働きを阻害し、糖分が小腸から吸収されるのを防ぎ血糖値

の上昇を防ぎます。

血糖値が上がらなということはインスリンもの分泌も押さえられる、

インスリンというのは血糖値が上昇するとすい臓から分泌されるもので、

血中の糖を調節する働きをます。


その余分な糖はどこに行くかというと、脂肪細胞へ。

これが肥満の原因、血糖値が保てるということは脂肪が燃焼されやすい

のです。

■特にこんな方におすすめ

・お腹いっぱい食べる、食べるのが趣味としている方

・あまいもの大好きでよく間食する方

・ラーメン+ライスなど炭水化物が大好きな方

・お酒をよく飲み外食が多い方

・運動したくない、あるいは時間がない方

・メタボリック、糖尿病予備軍な方

・いままでいろいろなダイエットに失敗してきた方

・代謝機能の衰えを感じる方



サラシアはアーユルヴェーダ(インド伝統医学)の薬効植物で
古くから、糖尿病の薬として使われていたほどです。


女性に嬉しい協力な抗酸化作用エピカテキンガレートも含まれており、

さらに便秘解消させて腸内を整える効果があります。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖などが分解されずに残るため、腸内環境を

整えてくれます。


アンチエイジングとダイエット同時にできてしまうのです。

しかも今、半額キャンペーン中です。

→http://dietsalacia.com/C/CZ2R7C.html
 
スポンサーサイト

高須院長のダイエット論

ダイエットするには運動するよりも食事制限です。

最近でも、空腹になると発動する「サーチュイン遺伝子」が

話題になるのにともなって一日一食がもてはやされたり、

低炭水化物、低糖質、単品ダイエットなど新たな制限

方法が次々と生まれている。

 

雑誌やテレビで活躍するモデルはみな細く、そうした身体を

手に入れたいという欲は深まるばかり。

しかし、これらのダイエットに対して“健康”という点から

警鐘を鳴らす人がいる。医学博士で高須クリニック院長の

高須克弥さんだ。

 

高須さんの著書『その健康法では「早死に」する!』

(扶桑社/刊)

では、「やせ=健康的、小太り=不健康的」というイメージを

覆し、巷にはびこる食事制限系ダイエットの危険性や

健康的に毎日を送る方法について述べられている。

 

■1日1食ダイエット

「単食ダイエット」とも言われるダイエット法だが、リスクとして

あげられるのが糖尿病になる危険性が増すということ。

空腹時になると血糖値が低くなり、脳からブドウ糖を補給せよ

という指令が出る。

その状態で甘いものやご飯、パンを食べると、血糖値が

急上昇し、それを正常化するために多量のインスリンを

分泌した膵臓に大きな負担がかかるという。

 

膵臓に負荷をかけないようにするためには、三食規則

正しく食べることが大切だ。

そもそも、冒頭のサーチュイン遺伝子もデータの取り方に

問題があったと指摘され、発見者もそれを認めている

そうなのだ。

 

■低炭水化物ダイエット

「糖質カット」「糖質オフ」という言葉はすっかり耳慣れたし、

炭水化物を摂らないダイエットもスタンダード化している。

 

しかし、そもそも日本人の主食は「ご飯」です。

 

そのため、日本人は穀物(炭水化物)中心の食生活に

適応した栄養吸収のかたちを受け継いでいるという。

また、糖質は脳のエネルギーになるため、糖質不足に

よって考える力が失われてしまうほか、身体から甘酸っぱい

悪臭(ダイエット臭という)が発生することもある。

 

さらに、長い期間このダイエットを続けていると、気分の

落ち込みや不安を感じることが多くなるという研究結果も

存在する。

 

このように瞬間的にやせはするけれども、健康面では

害だらけで、なおかつすぐにリバウンドしてしまうというのが

巷のダイエットの真実なのだ。

 

では、どうすればいいのだろうか?

高須さんはまず「やせる体質になりたいなら食べろ」と言う。

 

ただし、運動もしっかりとすること。よく食べて、よく動く。

それこそがダイエットの基本といっています。 

女性の4人に1人はビタミンDが欠乏

本格的な冬の到来を前に健康管理への関心が高まる

なか、SOUKEN(総合健康開発研究所)がインフル

エンザ予防などに有効とされるビタミンDの摂取などに

関して20~69歳の男女100名を対象に血液検査を含む

調査を実施した。

 

その結果、全体の半数がビタミンDの不足、うち女性は

4人に3人が不足状態、さらに4人に1人が欠乏状態との

結果が発表そうです。

 骨粗しょう症の予防やインフルエンザ等の免疫系疾病

の予防などに効果があるという研究結果が発表され、

注目を集めるビタミンD。

 

食品からの摂取のほか、紫外線が皮膚にあたることに

よっても皮下脂肪から生成できるので「サンシャインビタミン」

とも呼ばれているが、夏季に比べ日照時間も短い冬季は

ビタミンD血中濃度が低いとされている。

同調査によると、被験者の半数が不足状態(30ng/mL未満)、

特に女性においては欠乏状態(20ng/mL)の被験者が4人に

1人と25%の割合。

 

1日2時間以上日にあたる機会がある人には不足がみられず、

一方で日中はほとんど日にあたらない人、肌の露出が少ない

人はそのうち73%が不足状態だった。

風邪などひきやすい冬季こそ、血中のビタミンD濃度を

安定させ維持する対策が望まれるが、男性に比べて

女性の多くは紫外線暴露による肌への影響を懸念する

声が大多数を占めるのも事実。

 

ビタミンDはインフルエンザ対策としても摂取するべき。

食品では、干しシイタケ、鮭などの脂ののった魚に多く、

一方、肉類には少ない傾向にあります。

しかしながら、普段日光をほとんど浴びない人の場合は

食事だけで血中25OHD濃度を十分上げるのは難しいと指摘し、

普段の食生活の改善点として、特に秋から冬、春はサプリ

メントでの効果的な摂取を推奨している。


 

 


 

ビタミンDで暴食に走ってしまう可能性もあり、レプチンを生成する

のに必要な栄養素だということが明らかになっています。

レプチンとは食欲を抑えるホルモンの一種で、レプチンの働きにより

人は満腹感を感じ、食べるのをやめると考えられている

 

ビタミンDが不足すると体内でレプチンの量が減少し、食欲が出て太り

やすくなると考えられる。


 

血液型ダイエットの研究

玄米菜食にしたらやせたという人もいれば、肉をやめたら

太ってしまったという人も。

こんな違いが起こる理由のひとつとして考えられるのが、

実は血液型の違いなのだそう。

海外では、血液型は医学的に研究されていて、多くの

医師が治療に活用しています。

血液型と健康の研究で有名なのが、米国人医師、

ピーター・ダダモ博士という方。

 

ダダモ博士によると4つの血液型は、人類の祖先が

環境や食生活の変化や、別の種族との出会いに体を

適応させる過程で生まれたとしています。

 

そのルーツのいから、血液型によってホルモンや消化

酵素の量に違いがあることもわかっています。

そのため血液型によって、向いている食べ物と、向かない

食べ物があり、とるとやせやすくなる食べ物も異なることが

わかったそうです。


たとえばO型は狩猟採集民族を祖先にもっています。

そのため現代人も肉を消化する酵素が多く、ダイエット中も

魚や肉をとるほうがやせやすくなります

 

一方、農耕民族を祖先にもつA型は、肉を消化する酵素は

少ないけれど、穀物を消化する酵素が多め

だから玄米菜食のような食事でやせやすくなります。

このように血液型に合った食べ物をとれば効率よく

健康的にやせられるそうです。



■体質には個人差が。完璧に行わなくてOK

体質は血液型だけで決まるわけではありません。

だから、血液型別のおすすめの食材が、その人に

絶対に合うとは限りませんし、避けたほうがいい食材も、

絶対に食べてはいけないわけではありません。


大事なのは、何を食べたら体調がどうなったかを、自分で

観察しながら、ムリをせず楽しみながら行うことです。



■合う食べ物、合わない食べ物を日記につけ、

                        自分なりに調整

血液型別の、おすすめ食材、避けるべき食材はあくまでも

ガイドラインで、体質には個人差があります。

そこで、何を食べると体調がよくて、何を食べると体が重く

感じるのかといったことを、日記などに書くのが理想的。

自分に本当に合うもの、合わないものが明確になり、

ダイエットもより成功しやすくなります。
 

■基本のおすすめ食品はすべての血液型で取り入れよう

すべての血液型でとりたいのが、
・良質の油
・天然&オーガニックの食品
・カラフルな野菜
・未精製の穀物

といった食品。

オメガ3脂肪酸などの良質の油を含む食品は、やせ体質

づくりに不可欠。

 

抗酸化成分が豊富なカラフルな野菜も欠かせません。

穀物は血糖値の上昇が緩やかな未精製のものを。

栄養価と安全性が高いオーガニックのものや、天然のものを

選ぶとさらに理想的。


 

 

腸の細菌は、脳や神経系も操っている

ビフィズス菌、乳酸菌といえば、おなかの健康を

保つ「善玉」腸内細菌の代表格。

ヒトの腸内ではこれら「善玉菌」とウェルシュ菌など

「悪玉菌」が日々、勢力争いを繰り広げ、さらに

戦局次第で善にも悪にも転ぶ「日和見菌」が加わり、

ある種の生態系──腸内細菌叢(そう)を形成している。

 

 

これまでも腸内細菌叢の勢力図が免疫系や代謝機能に

影響することは知られていたが、個々の培養が難しく

詳細な研究は遅れ気味。

しかし、一度に数千~億単位でDNA断片を並列解読する

「次世代シーケンサー」の登場で、細菌叢を丸ごと解析

できるようになり、俄然、研究が進み始めています。

 

この数年は肥満に伴う腸内細菌叢の変化についての

報告がですが、、、例えば、肥満者は細菌叢の多様性が

少なく、特定の菌種に偏ることが判明している。

 

また、普通体格の無菌ラットに肥満ラットの腸内細菌を

移植すると、とたんに食欲が増し、体重が増える。

先天的か後天的かは不明だが、どうやら肥満患者は

「太りやすい」腸内細菌叢を持っているようです。


この秋、国際科学誌「ネイチャー」に掲載された報告では、

2型糖尿病患者で腸内細菌のバランス失調が観察された

 

他の基礎研究からは、ある種の細菌が増え過ぎると、

その断片が腸管バリアを突破して体内に侵入。

自然免疫系が発動して慢性的な炎症を引き起こし、

肥満を助長し血糖値を下げるインスリンの効き目を悪化

させると考えられている。

 

今後は食事やサプリを使った「おなか環境の改善」による

糖尿病発症予防の研究が進むことが期待されます。

 

もう一つ、興味深い方向は「おなか環境」と脳・神経疾患との

関係。

 

現在、動物実験レベルでは腸内細菌を滅菌すると、

うつ症状や不安神経症の傾向を示すことがわかって

いる。

 

精神的ストレスで腸内細菌叢が変化したりする

 

どうやって脳と身体によい腸内細菌叢を育てるか、というと

回答の一つは「食物繊維」。これが善玉菌の栄養源になる。

どうせなら、ビタミン類と抗酸化物質を同時に摂取できる野菜

や果物を意識して食べるといいでしょう。 

プロフィール

瀬名行広@ダイエットのことなら俺に聞け

Author:瀬名行広@ダイエットのことなら俺に聞け
私のプロフィール
⇒http://facebook.xgjh5ghwr4rjw.com/



あなたにあったダイエット法が見つかるメルマガ メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。